【姫騎士ド下品敗北人生~淫辱のブザマ奴隷~(Pin-point)】レビュー3回目(完)(21/7/10)

姫騎士ド下品敗北人生~淫辱のブザマ奴隷~Pin-point

DL版:21/7/2【2,530円(税込)】|PK版:21/7/30【3,080円(税込)】

CG集版前編:21/7/16【770円(税込)】|CG集版後編:21/7/30予定

今回はPin-pointの新作『姫騎士ド下品敗北人生~淫辱のブザマ奴隷~』のレビュー3回目をお届け、
遅くなりましたがこれにて完結となります。

大量に浣腸された姫騎士が脱糞の許しを請うド下品な姿、
魔獣の巨大な肉棒にアナルを犯し抜かれる淫辱姿、
そして限界を超えた大量浣腸の果てに民衆の前で脱糞するブザマな姿。

今作のクライマックスとなるシーンです。

イントロダクション

強く気高い姫騎士が敵対国に捕まり、苛烈な調教と陵辱により
快楽中毒にされ、見世物奴隷として生き恥を晒すゲームです。

性欲の溜まっている兵士達の慰み者になり輪姦されたり、
自国を裏切っていた大臣に奴隷娼婦として接待をさせられたり、
信頼してくれていた自国民の前でガニ股裸踊りをさせられたり、
肉体改造され乳房やクリトリスを肥大化させられたり、
大勢の自国民の前で馬型の魔獣とまぐわい
国の誇りである聖剣に排泄させられたり、

敵国の人間からは卑しい姫だとバカにされ、
信頼されていた自国の人間からも軽蔑の眼差しを向けられる……。

誇りある姫騎士として生きてきたアリシアを辱め、晒し者にし、
どこまでも下品で惨めなメス豚奴隷に堕とすゲームです。

公式サイト『どんなゲーム?』より引用。

国も正義も聖剣も

母国の広場で乳も尻も丸出しの格好をした姫騎士アリシアが四つん這いにされる、
淫紋に加えて苛烈な調教を施された彼女は、この無様な状況でもその身を発情させていた。

国民達は既に一切の敬意もない様子で下品にも開発されきった裸体を視姦し、
心ない下卑た言葉がアリシアに刻みつけられたマゾ雌としての性を的確に刺激していく。

帝国将校は常軌を逸したサイズの浣腸器を取り出す、
これを以てアリシアのこれまでの人生の全てを破壊する最高の恥と快楽を与えるために。

大量浣腸、穢れゆく精神の始まり

アリシア「ひいっ……! か、浣腸、また浣腸する気かっ……!
も、もうあんなのは嫌だっ、また脱糞アクメするのは嫌だぁ……! そ、それだけは、ああぁあ……っ♥」

脱糞アクメの惨めさと破滅的な官能を身に沁みて理解しているアリシアは許しを請うが
自国民達ですら王女のブザマな脱糞姿を心待ちにしている今、彼女に逃げ場はない。

その浣腸液は世界樹の葉を闇の魔力漬けにして腐らせた『神の汚濁』と呼ばれる魔液だった、
この薬を注ぎ込まれれば神聖な加護を受けたアリシアであろうとも、加護は反転し二度とその身に戻ることはなくなる。

彼女が再起を賭けて反撃に出ることも、祖国の復興を目指すことも叶わなくなる悪魔の薬液だった、
アリシアは本能的恐怖の中で「やめろ」と叫ぶが…。

帝国将校「おい、この女が可哀そうで、浣腸をやめてあげろと思う奴はいるか?」

アリシア「た、頼む……一人でもいい、誰か声を上げてくれ……!
わ、私はこのユグドミリアの王女、アリシアだぞ……!?
今まで、お前達のために戦ってきたじゃないか……!」

帝国将校「クク……じゃあ、ぶち込んでほしいと思う者は?」

王国民「うおおおおおおおおおおぉぉぉおお」

アリシア「そんな、皆……そんなに私のことが憎いのか、
もう誰一人として私の味方はいないのか……
私はこの生涯をすべて、この国のために捧げてきたというのに……」

恥辱も屈辱も、官能も苦痛も何もかも国のために耐えてきた王女に報いる民はもう居なかった、
神の汚濁はギャラリーたる王国民の満場一致でアリシアの腸内へと注ぎ込まれていく。

その嫌悪感は別格だった。

単なる浣腸液の違和感を遙かに超えた悪意もつ魔液が内側から彼女を壊していく、
思考を滅茶苦茶に掻き狂わされる本能的恐怖と浣腸によるエネマ快楽で半狂乱になって泣き叫ぶ。

一本目が終わってもまだまだ魔液は用意されている、
浣腸よりも、媚薬よりも、甘美で恐ろしいソレを注がれアリシアが悶絶する。

アリシア「あぎっぎゃぁああああッ! ダメだぁあ、うぉお狂う、
頭と身体が内側から壊されるぅうう! やっ、闇がっ、闇そのものが! ケツから入ってぐるのぉおおおお!
おおおおぉッおながぁッおなが破裂するぅぅううっ!
うぐっぎっぎっぎぎいいぃっ! もッもうっ入らないがらぁッ! これ以上ねう入らないいいいぃいいっ!」

アリシア(あぁあッこッこれッ浣腸されるたびにぃッ!
わ、私の中にあった大事な何かが壊れていくぅッ!
胸の奥でずっと感じていた温かい光がっ、薄れてぇっ……!)

王国民「こういう顔が見たかったんだよ、お高くとまったアリシアの涙と脂汗まみれの惨めご尊顔をさ」

その腹にはおおよそ人体が許容できる限界以上の薬液がぎっちりと注ぎ込まれてしまっていた。

妊娠でもしたかのように膨らんだ腹、
そこを満たす魔液の催淫作用と反比例する自分が自分ではなくなる恐怖。

アリシアは思い切り息んで腹の中の『神の汚濁』をひり出そうとするのだが…
これまでの調教で彼女に染みついた“自分は男性様より下の存在である”という思考によって
許可を得なければ脱糞できないと思い込まれ、許しを得るための媚びた台詞が自然と口を突く。

アリシア「おねがいしましゅぅうう! 民衆の皆様ぁ、この淫乱豚姫に脱糞許可をぉおおお♥
うんこ♥ うんこだひだいのぉおお♥ クソひり出させでぐらはいぃいい♥」

王国民「あんなにうんこうんことか連呼しやがってよぉ。あれが本当にうちの国の第一王女だったのか?」

帝国軍兵士「いい感じに惨めなおねだりの仕方じゃねぇか。
でもダメだよ、お楽しみはこれからさ。この日のために特別ゲストを連れてきてやったからな」

自分たちの君主であった姫騎士の涙と鼻水交じりの懇願を一蹴したユグドミリアの民、
この地獄絵図をより盛り上げるため帝国兵が壇上へと上げた巨体がアリシアへと近づく。

魔獣極太肉棒肛虐

発情期を迎えた馬型魔獣、その巨躯に見合った極太の陰茎にはイボがびっしりと生えている、
更にはアリシアの腹中を満たす『神の汚濁』の負の魔力に惹かれる性質を持つバケモノであった。

アリシアはこれからこの魔獣と尻穴交尾をさせられる運命にあった。

アリシア「……ッ! そ、そんなの無理だっ、無理に決まってるぅうう! こ、こんなのっ、入るわけないっ……!
みっ、見てみろぉっ……! こ、この魔獣チンポぉおっ……! ひぃいっっ、巨大すぎるぅっ……
こ、こんな化け物ちんぽと尻穴交尾なんて絶対無理だぁあッ!」

王国民「無理とかじゃないんだよ、俺らが愉しむためにお前は何でもしなきゃいけないんだよ最底辺家畜奴隷姫」

アリシア「ゆるひでぇえええ! ダメぇえ、こんなの絶対に狂うっ、狂うのぉおお!
こんなのと交尾したら死んじゃうぅ! なんでもするから許してッお願いしましゅぅううう!」

無様な懇願も帝国兵には通じず、魔獣が解き放たれ、
ひと突きで腸奥まで捻じ込まれた姫騎士アリシアは断末魔のような咆哮と同時にアナルアクメに達する。

アリシア「うぼぉおおァアア狂う狂う狂うぅううう! まッ魔獣チンポぉおッ!
おッおぉ大きすぎるううぅッ! お腹がぁッやぶれるぅうッ! ダズケデッダズゲデぇ!
イギゅううううケツぅう、ケツ穴、ケツまんこ、ケヅアグメへぇええエエエ!
お゛っごぼぉおお、ごほぉおお無理ぃい、無理無理狂いイグぅのぉおァアア!」

挿入だけで狂い死にそうになっているアリシアへと魔獣の容赦ないピストンが襲いかかる。

アリシア「ケツ穴、ケツ穴、ケツマンコの中でちんぽ、魔獣ちんぽがめぢゃぐぢゃかぎ回しでぇえ!
死ぬぅう、ほんとにしぬっ、殺されるぅう、イギ殺ざれるぅうう!
ごおっひぃいい♥ うぉお、突くとぎもぉ! 抜かれるとぎもぉおお! ちんぽ、この極太デカちんぽぉ!
イボイボがぁッケツ穴に引っかかるのおおぉおッ♥ うぉお、ウォオオオオ! お゛っ♥
お゛ぉおおお♥ ケツまんこぉお♥ こんなのすごすぎるのぉおお♥ 浣腸されでぇえ♥
ちんぽハメられてぇえ♥ 出せなくておながぐるじいのにぃいい♥ うぉお♥
ぐるっぢいのにぎもぢいいっ、吐きそうなのにぎもぢぃい♥」

ケダモノじみた喘ぎを上げて破滅的な肛虐による官能を貪っていくアリシア、
スパートを掛けていく魔獣によって彼女は絶大な肛門絶頂へと上り詰めていく。

強い雄に犯されて、強い雄の精を吐き出され、
極めて原始的で本能的、まっとうな人生では迎えるべくもない『雌幸福』のアクメへと上り詰める。

調教されきったアリシアが腸内射精でイかない道理はない、
ましてや人外の快楽を齎す魔獣の膨大な量のザーメンとなれば抗するべくもない。

人間の比ではない大量の白濁が腸内から逆流し
アリシアの口から勢いよく『神の汚濁』とザーメンの混合液が吐瀉される。

姫騎士の口からあふれ出さなかった大量の『神の汚濁』と魔性の精液がその腸内で結合し、
アリシアの思い出から思考までを墨で塗りつぶすように染め上げ、高潔な魂の全てが壊れていく。

アリシア「んぉお゛お……っ♥ ぶっといちんぽぉ♥ ぶっといの引き抜かれてぇええ♥
ひっこぬかれてまたイグぅうう……♥ んおお♥ お……♥ ぎもぢいぃ……♥
お……っ♥ お、おおおっ、んおぉおおおお……っ! でっ、出ちゃうっ、出ぢゃうのぉおお♥
う、うんこ、ウンコが出ちゃうっ、開いたケツ穴からクソがぁッ!」

口を突く言葉が男たちの熾烈な調教の産物だとしても、
その心まで完全に堕ちてはいなかったアリシア、しかし神の汚濁が蝕んだ彼女の思考は…。

アリシア(だ、出したいっ、うんこいっぱい出してっ、スッキリして気持ちよくなってイキたいっ、
うんこでイギだぃい! あぁあもうこんなこと考えるほどに心がぁ!)

脱糞アクメを心から願ってしまう寸前、自分の心が邪悪な汚濁に狂わされきる寸前だった、
それでも帝国兵に脱糞を許されていないがために彼女の悶絶は未だ終われない。

アリシア「もう無理なのぉおおお! うんちっ!
うんこウンコ、ウンゴ出ちゃうぅうう、ガバガバケツまんこからうんこいっぱいひり出しだいのぉおおお!」

帝国兵はアリシアの尻から少し離れた床に彼女が携えていた聖剣を突き立てる、
このまま漏らせばユグドミリアの至宝、神聖樹より授かった騎士の魂が糞便に塗れることになってしまう。

大脱糞、誇りは剥がれ堕ちて

彼女に未だ残る騎士としての最後の矜持がそれだけはと踏みとどまらせる、しかし、
ウンコがしたいと連呼していた姫騎士が出したくない、剣をどけろと喚く姿は帝国兵のサディズムを煽るだけだった。

仕置きとして木の棒がアリシアの巨尻を容赦なく打ち据えていく、姫騎士を脱糞させるための責め苦、
漏らせと叩く帝国兵と我慢しろと囃し立てる自国民、結託した両者の相反する指示にアリシアの精神から枷が外れる。

アリシア「うぅううるさいうるさい、うるさいぃい! 無責任なことばっかり言うなぁ!
お前たぢになにが分かるんだぁあ! わだひが今までお前たちにどれだげぇえ!
王国のために戦って、敵に捕まっても民と国だけは守ろうと一人で必死に耐えでぎだのにぃいい!
お前だぢは何もしてこながっだじゃないがぁあああああっ!」

王国民「は? なんだよ雌豚、急にキレるなよ」

アリシア「アリシア様アリシア様って頼るだけ頼っでおいでぇええええ!
なにもでぎなぐで、ただ守られてだだげのぐぜにぃい、負けたら手のひらを返しでぇええええ!
悪態ついて、好き放題に犯してっ、恥をかかせでぇええ! 最低だっ、お前だぢは人間とひで最低の、
弱いくせにクズで無能で愚かな最低の人間どもだぁああ!」

遂に口にしてしまった秘めていた本音、怒りと共に吐き出された憎悪、
口にしたところで責め苦が和らぐはずもない「奴隷による一般市民様への暴言」は彼女を更なる奈落へと突き墜としていく。

未だ残る『神の汚濁』が再び巨大なシリンダーに満たされ、限界をとうに超えた腹の中へと押し込まれていく。

アリシア「い、イヤぁああ! ごめんなさいっ、ごめんなしゃいっ、なんでもしますからっ、
その浣腸だけはやめでぇええ! 謝るっ、謝りますからぁああ! ひぃい!
あひっぎぃいいーーー! またっ、また浣腸ぎだのぉおお、神の汚濁注ぎ込まれでケツ穴焼げりゅぅうう!
はいっでぐるうぅッ! んお゛おぉお゛ぉお゛ッ! うぉおおお。もうらめぇえ。ただでさえ限界なのにぃいいい!
おねがいしますっ、もうやべでぇえ! なんでもしますがら、もうそれ以上浣腸らべへぇえええ!
どんなみっどもないごどでもぉおお! どんな無様なごどでぼぉおお! 喜んでやらぜでいだだぎますがらぁああ!
らがら浣腸らげはぁアァアアアアア! イヤぁあああ! イヤだぁああ、お願いしますぅうう、
誇り高き帝国兵の皆様ぁああ、偉大なるユグドミリア一般民の皆様ぁああ! 助けてぇ、だずげでぇえ!
んぉおおお、このどうしようもないクソ豚淫売マゾ奴隷騎士に、お慈悲をぉお!
お情けくだひゃいっ、うんこイヤぁああ! ウンコ漏らしはイヤなのぉおおお!」

ブザマに「なんでもする」と媚びた言葉尻を利用され「頑張ってもっと浣腸に耐えろ」と責め苦は止まらず、
アリシアは人体の限界、これ以上注入すれば口から溢れるであろうところまで『神の汚濁』を詰め込まれてしまう。

遠のく意識の中、アリシアの心の中で内なる自分が堕落への言葉を囁く、
「もういいじゃないか、これ以上耐えてどうしようというんだ」と。

それが最後の引き金となった、他ならぬ自分自身が敗北の姫騎士にブザマな結末を突きつける。

アリシア「あぁっ、も、もういいっ、もうどうでもいいっ!
国も国民も聖剣も神聖樹もぉッ! 知ったことかぁ! もう姫でもなんでもないんだから出してやるぅう!
うんこ、うんこするっ、もううんこするんだぁああ! もう我慢なんてしないぃいい、こんな国も民も、
聖剣だってどうでもいいの、うんこ、うんこ漏らすのぉお!
ああぁぁぁぁ出る出るでるでるぅぅううーーーーッ! うんこぉッうんこぉおおッ! 脱糞するぅうッ!
クソひり出してイぐぅううぅぅうーーーーッッ!!」

アリシア「うぉおおおーーー! うんこ、うんこ、うんこぉおおおおおお! うんごぎもぢいいっ、
うんこおもいっぎり漏らすのぉ♥ ぎ、も、ぢ、いぃいィイイーーーッ!
イグぅイグイグイグうんこ漏らしでイッグぅうおおおおおーーー! クソ漏らし最高、
クソぶちまげるのさいっごぉおお! 脱糞アグメキモヂいいぃい!」

王国民「あぁあこいつ! とうとう聖剣に! なんてことしやがるんだクソ王女がよぉ!」

アリシア「うぅぅううるさぁあい! お゛っへぇええすげぇええ、すっげぇえええーーー!
うんこもらすのすっげぇいいのっほおぉお! クソ漏らし最高すぎるぅうう!
おおぉおん聖剣にぃいい♥ 聖剣に私のくっさいうんこ、うんこ、うんこいっぱいかかってるぅう♥
大事な剣にうんこぶちまけでるのぉお、うぉおおおおん♥ あ゛ぁっへぇえぎもぢぃいい♥
まだぁッうんこ出してイぐううぅ! おぉ見でぇッ見でぇえッウンコ漏らすとこ見てぇえッ♥
恥ずかしいどこ見でぇえッ♥ お゛ぉおっお゛ぉおお゛♥ うんこぉお♥ ウンコもっど出るぅうッ♥
聖なる剣にぃッ姫騎士奴隷の誇り高きウンコぶちまけでやるぅううううぅううっ!」

凄絶なまでの脱糞絶頂。
姫として騎士としての誇りも、人としての理性も全てを手放してアリシアはただ脱糞し続ける、
その肛門は神聖なる加護が失われたことを示すように、閉じることもなくひくひくと戦慄いていた。

まとめ

以上が『姫騎士ド下品敗北人生~淫辱のブザマ奴隷~』のレビュー3回目、完結となります
もちろんアナルやスカトロを除けば様々なファンタジー凌辱がてんこもりの逸品となっていました。

全体を通してとにかく容赦なしで展開するのが最大の特徴という作品でした、
名は体を表す、途轍もなくストレートなタイトルですがこれが全てを表現していると言えますね。

レビュー1の張型槍によるアナル責め。

レビュー2の媚薬浣腸責めとブザマ脱糞。

そして今回の公開浣腸&アナル極太異種姦からの大量脱糞アクメと
アナルやスカトロに特化したシーン数こそ少ないですが質に関しては十二分でした。

ただ、全体的にハードすぎてリョナの領分まで踏み込んでいるシーンがあるのは人を選ぶかな…。

といった所で姫騎士ド下品敗北人生~淫辱のブザマ奴隷~のレビューを締めさせて頂きます、
では、また。

姫騎士ド下品敗北人生~淫辱のブザマ奴隷~ 関連項目

続きを読む

前へ次へ