【里守の巫女 第一章 三女「桜」編(げむお堂)】レビュー 16/7/15(初回投稿[14/8/9~14/8/13]移植記事)

里守の巫女 第一章 三女「桜」編(げむお堂)

CG集:14/8/8【770円(税込)】

本作でまず驚かされるのはそのボリューム。
総CG枚数1835枚は他の価格帯と比しても破格のものとなっており、
その内、台詞ありverのものだけで900枚を超えるという作り込みはただただ圧巻です。

本作で特徴的なのはスカトロ無し、有り、増量と性癖に応じて楽しめること、
その内のスカ増量ストーリーモード(台詞ver)だけで184枚、アナザーモードが157枚で合計341枚となっています。

描写に関しても肉感のエロティックさ、アナル描き込みの造詣の深さには驚かされ、
スカトロシーンの怒涛の淫語などテキスト面も抜かり無し、至極というに相応しい逸品です。

なお、ストーリーモードはヒロインの桜が堕ちるまでの王道展開、
アナザーモードは完堕ち後のストーリーという両極を味わえるものとなっており一粒で二度おいしい内容。

イントロダクション(ストーリーモード)

pixivで作品を発表されているのを毎回楽しみしていたので、今回のCG集は発売開始前からチェックしていた大注目作でした。

作りは画像ビューアで見るタイプのスタンダードなCG集となっており、
スカトロ描写ごとに【無し・有り・増量】とフォルダ分けされている親切設計で属性に合ったシチュエーションを選択できます、
幅広い嗜好をカバーしているうえ、テキストも結構違いがあるので読みごたえも抜群です。

今回は当ブログ的にメインとなる【スカトロ増量・台詞あり】からレビューをいたします。

【増量モード】ではテキストが【スカトロ有り】より大分追加される反面、
食糞描写と塗糞描写が出ますので、苦手な方は【有り】を見ることをお勧めします。

画像は全て台詞無しverから抜粋、すべて縮小してあります(台詞入りは下のような感じです)。

敗北の巫女

冒頭、10コマで語られるストーリーからこの物語がどういったものなのかがわかってきます、
「山賊の親玉を討つべし」という命を受けた巫女姉妹が立ち上がるも、長女は未だ戻らず…。

三女の「桜」は意気揚々と長姉「時雨」の探索へ向かい、
山賊の親玉を「ボディーブローでゲボらせてあげる」と息巻いていたのですが…。

早々にその山賊の親玉、いかにもケツ穴好きそうな名前の「潔眼道(ケツメドウ)」と遭遇、
実力差から出会い頭にボディーブローを喰らって敗北、更には潔眼道の「やたらう○こ出るようにさせる妖術(原文ママ)」で胃腸の代謝を促進され、
見る間に桜の排泄衝動が高まっていく、そして連続でブローを貰った結果、逆にゲボらされた挙句に脱糞までしてしまうのだった。

初めての公開脱糞

村人たちが見ている前で縛られ、形の良いヒップと大便に塗れた下着姿を人々の前に晒されてしまう桜、
下着を剥いてじっくり肛門を観察した潔眼道は、折角の尻穴が大便で汚れて楽しめないと焼酎で清めてから舐り出す。

潔眼道「むおおぉぉっ! これは美味っ! ほれほれどうだっ? わしの舌は? 奥の糞汁までしっかりねぶり取ってくれるわっ!」

中々に素敵な舐リアクションをする潔眼道は長い舌をズリュズリュと挿入して内側から舐っていく、
脱糞したばかりで臭いはずの腸内を味わわれる内に感じ始める桜、しかし潔眼道は「お仕置きにならん」からと舌を抜く。

そしてその人間モノとは思えない極悪な肉棒を取り出すと、
「肛門をマンコへと変貌させてくれるわ」と宣言し抵抗する桜の直腸へと肉棒を、ずすずっ、と挿入していく。

激痛に悶絶する桜だが、そんなことなどお構いなしの潔眼道は極太のモノを最奥まで突き挿して失禁させる、
奥に挿れただけでは済むわけもなく潔眼道は激しく肛門を抉っていく。

引き抜く時に肛門がカリ首に引っかかってしまうのを無理やり引き抜いた際の伸びた肛門が見事です。

そして、腹の中まだ溜まっていた桜天然の大便を見透かした潔眼道によって激しく肛門を犯された結果、
「厠に行かせてぇっ!!」と泣き叫びながら見事な一本糞を大脱糞、山賊の手下たちに嘲笑われながら、脱糞ショーはなお続く。

以下はアナルの拡がり方や飲みこみ具合を並べたものと脱糞場面。

公開露出脱糞アクメ

村のど真ん中へと引きずり出され、村人たちの見ている中での脱糞姿お披露目がスタート。

陰毛美しい恥部も、胸も全てをさらけ出して脱糞する桜、盛り上がったエロティックな肛門の描き方が巧みです、
そしてクリトリスを初めて刺激されたことで身体中を駆け巡る快感に悶え、生まれて初めての絶頂が「公開露出脱糞アクメ」という輝かしい一歩を踏み出す。

糞豚奴隷宣言

村人が集まっている状態での脱糞アクメを決めてしまった桜、潔眼道は彼女を糞穴奴隷にするための肛姦を開始、
言った通りにしなければ村人たちがどうなるか…と脅された桜は、潔眼道に言われるまま叫ばざるを得ない。

桜「わ、私っ! 里守の巫女桜はっ! 守るべき大切な人たちの前でおまんこを丸出しにしてうんこを垂れ流す糞ひり娘で御座いますっ!
ど、どうかこの卑猥な糞豚を 潔眼道様専用の糞豚奴隷にしていただけますようお願い申し上げますっ!」

そして根元まで突き入れられたまま「ありがとうございます」と言わされた挙句に再びの肛門絶頂へと、
とどめとばかりに腸内射精されたばかりの肛門から、更なる脱糞、その光景を村人に大々的に見せつけられる桜。

山賊による肛門輪姦

潔眼道の指示で近隣からも集まり出す手下たちによるアナル輪姦が開始、手下たちによる屈辱的な言葉責めラッシュに晒される桜。

山賊A「こ、こいつぁたまんねぇ、コイツの糞穴まじでマンコだ…
いや、マンコ以上にマンコだぜ(中略)ぎゃはは! すげぇバカ面だぜ巫女様!」

山賊B(五助)「おらおら! もっとデカパイプリンプリン揺らしてチンポ咥えろ このバカ豚雌まんこが!
テメェはだまって エロマンコおっぽりだして よってたかって糞穴にチンポ入れられてりゃいいんだよ!
(中略)何が巫女だ! この変態糞穴豚まんこ娘が! てめぇの肛門は糞をひり出す時以外はチンポ突っ込まれて
ザーメン飲むしか脳のねぇケツ穴まんこなんだよ!(中略)この尻穴バキューム巫女ケツまんこがぁぁっ!」

言葉責めと共に行われた連続肛門性行、しかし凌辱は終わらない、
犬畜生ですらしないような卑猥で下品なポーズをとらされたまま、桜は立ち脱糞をさせられてしまう。

肛門を捲れあがらせての脱糞

もう許してと力なく懇願する桜に「こんなホカホカぷりっぷりの肛門マンコ…許すわけ無ぇだろうが!」とずっぽし、
ここで変化球として超絶口汚臭男が登場し、桜に強引なディープキス。

口の中が腐るような臭いに心中で助けを求めるも肛門と口とをがっつりと塞がれていて言葉にならず、
嫌悪的口辱の次は強引に喉奥を犯すディープスロート、
当然アナルは犯されたままでザーメンを大量に口から胃へと射精され苦しいのに絶頂をキメてしまう。

脱糞タイムが訪れ厠を希望するものの、あえなく捲れあがった肛門から衰えることない大便が、
ここで更なる変化球、鼻を精液でどっぷりと犯される鼻淫、大量の白濁粘液を鼻から溢れさせながら便をひり出しきる。

幼馴染み少女の糞を食わされる桜(食糞)

お次は少し口辱も含むハードな展開(食糞ありですがその辺りはサクっと、テキストの妙か私はOKでした)、
山賊達は桜の幼馴染『雪』を連れてくるとアナル快楽に敗北しつつある桜の口姦と肛姦姿を見せ付ける。

だが、そこで終わるような山賊一味なわけもなく、家族の命をチラつかせて雪を脅迫すると桜の顔に跨らせる、
幼馴染とその家族の命を守るために、覚悟を決めた桜は雪の大便を口に受ける…。

桜「だ、大丈夫…雪ちゃんのならきっと大丈夫」

桜「くっさぁぁぁあぁぁっ! く、臭いっ! 苦いっ! 気持ち悪いぃっ! じ、じぬぅぅぅっ!」

脱糞には勝てなかったよ…。

止めとばかりにチンカスたっぷりの包茎ペニスが大便ごと桜の喉奥へと沈められる、
全部舐めとる事、少しでも残せば村人が無事では済まない事を持ち出された桜は、憑かれた様に一心不乱のバキュームフェラ。

口肛輪姦の果てに

見事舐め終わり村人たちは事なきを得たが、桜への責めはなお続く、
地面に「正の字」を書き出しての口肛輪姦が開始され、2時間後には正の字は7つほどを数えるまでになり、
緩んだ肛門からは突かれながらも便が漏れ出していく。

〆はぷっくりと盛り上がった肛門から精液と大便を垂れ流し、呆然とする桜に山賊たちが放尿。

処女喪失

一連のアナル輪姦はひと段落したものの、処女喪失がまだなのでお頭再登場。

村人たちの見ている前での強制破瓜、極太極悪肉棒の形が分かるほどにボコォっと腹を押し上げられ、
孕ませる気100%の射精を決められる桜は前を貫かれながら肛門から大便を垂らす。

収まること無き山賊達の陵辱(塗糞)

ここから第二ラウンド、前後と口の三穴を塞がれる輪姦が再開、容赦のない三穴ファックに見舞われる桜、
肛門からの大便汁を浴びながらアナルを犯していた男は、その糞付肉棒で前を犯し糞まみれザーメンを放つ。

今度は抱え上げられての輪姦で前後を激しく犯される桜。

射精のタイミングが不規則であるために、腸内射精した肉棒が引き抜かれる→前を犯している男に突かれて精液排泄、
そんな精液噴出をしながらまたまた脱糞絶頂までしてしまい、山賊手下からは「脱糞アクメ癖」がついたと揶揄される。

尚も続くアナル責め、今度は手下たちが肉棒を揃えて、桜の「だらしねぇ糞穴へのお仕置き」にアナル二本挿し、
しかも口にも無理やり二本、さすがに二本も肛門に挿れられると隙間からは下痢便気味となった大便が漏れる。

ついでに処女を散らしたばかりの女陰へも二本、合計六本を銜え込む桜は大便を塗りたくられ『うんち巫女』扱い、
ザーメン豚顔を晒して白目を剥く桜…だが、当の男たちは意外と気持ちよくない二本挿しにそれぞれの弁を述べるのだった。

中出しまんこ祭り

とどめの「中出しまんこ祭り」が開催される。

目標中出し数を100発と大きく掲げて潔眼道が先陣を切る、
当然嫌がる桜だったが山賊が止めてくれる道理もなく、どっぷりと精液を注がれると堪らず脱糞してしまう。

代わる代わる手下たちが膣口を狙ってくる、精液をだぶだぶと溢れさせながら犯され続ける桜、
犯されるたびにモリモリと大便を排泄し続け…遂に100発目を迎え、一際大きな便をひり出してひと段落かと思いきや…。

ザーメンをひり出した巫女へお仕置き(塗糞)

山賊達に手抜かりは無い。

出すもの出されて、出すもの出してぐったりと体を横たえながら精液を溢れ零す桜の姿に憤慨した潔眼道は、
孕むために注いだのに「ダメではないかっ!」と女陰をグリグリと踏みつける、しかし、抵抗する気力も体力も失った桜は、
だらしなく脱糞姿を晒すのみで、身体中に無様な落書きを施される。

ラストは汲み取り桶の中身をぶちまけられて身体中を糞尿塗れにされ(上記画像の後に糞塗れになる差分あり)、
朦朧とする意識の中でアジトへと運ばれていくのだった…。

エピローグ

アジトへ運ばれてしまった桜、そこで待っていたのは嬉々としてセックスに耽る姉の姿だった、
頑なに抵抗し、絶頂や、地獄のような羞恥にも耐えていた「長女・時雨」の身に何が起こったのか…、
それは『里守の巫女 第二章 長女「時雨」編』にて語られます。

まとめ(ストーリーモード)

見ごたえ抜群の【増量】は基本絵1枚毎にスカトロシーンが必ず、それも多量に含まれているというのが見逃せない、
過激なスカトロ系CG集を求めているならば間違いなくお勧めできる高品質作品で、アナル描写も極めて秀逸です。

上記レビューの【増量】とは別にワンレベル落とした【スカトロ有り】フォルダもある新設設計、
そちらは食と塗も無しで、高品質のアナル&スカトロCG集というべきバランスの良い作り、
「アナルの副菜にはスカトロもないとね!」派の方にお勧めできるマイルド(?)な描写となっています。

実は【スカトロ有り】と【増量】とではテキストも結構違っており、
スカトロ有りでも省略されてしまうスカトロシーンが結構あるのは留意点です、
幾つかある過激なシーン(食・塗)を含む全スカトロ描写を味わい尽くすには【増量】がお勧め。

げむおさんの描く、美麗でリアリティがありながら、絶妙にデフォルメされたバランスの絵はとにかく見事の一言、
それを彩るテキストも鬼畜かつ魅力的で実用性の方も申し分なしです、山賊の手下たちに適度に気の抜けた部分があるので、
陰惨なものとはまた違った読了感があります。

続いては完堕ち後の桜のド淫乱痴態が描かれるアナザーモードのレビューとなります。

イントロダクション(アナザーモード)

基本情報として、アナザーモードは基本絵はストーリーモードと共通(差分込みの全枚数は157枚)ですが、
ストーリーがまるっきり違うものとなっており、状態としては完堕ち後の快楽に耽る巫女の凄まじい痴態が描かれます。

当然、差分はテキストだけでなく表情にも表れ『一作買ったらもう一作収録されていた』というレベルの大ボリューム。

画像は全て台詞無しverから抜粋、縮小してあります(なお、台詞入りは下のような感じです)。

変態巫女の脱糞悦楽

村での惨劇から一ヵ月…既に心折れて快楽を貪るまでに堕落した桜は今日も今日とて変態行為で喜悦する。

最初に縛られたのと同じ場所で潔眼道に『嬉々として』下着を剥がれる桜、
既にここに来るまでに脱糞しヒップにはウンチが、桜はあの時と同じように肛門に焼酎をかけて清められるのを心待ちにし媚を売る。

舌で肛門を、腸内を舐られて嬌声を上げる桜、そしてケツ汁を吸い尽くさんばかりの舌攻に軽く絶頂を迎える、
そして尻を振って肉棒を求める、皆に見られながらのケツハメセックスに酔いしれ、次々卑猥な言葉を放つ。

桜「完全ちんぽ敗北ぅっ! さ、桜の肛門は完全に潔眼道様のおちんぽに敗北しちゃいましたぁっ!
ああぁんっ! 村の人に見られながら糞穴ちんぽ敗北最高っ!(中略) ちんぽ、けつっ! ちんぽちんぽ! けつぅっ!」

引き抜かれる時の吸い付く肛門ですら今の桜にとっては快楽、抜かれて奥が丸見えのケツマンコにも酔いしれ、
再度一気に突き入れられれば尚も嬌声、既に脱糞の準備ができている桜は激しく掻き回され、悦びの脱糞ショーを再演する。

脱糞の快感に酔い痴れる桜

村の真ん中へと連れられてきた桜は大股開きで脱糞姿を見せ付ける、乳首とクリトリスも同時に刺激、

勃起したクリチンポを丸見えにされて扱かれる感覚に、放屁をしながら昂ぶりに昂ぶり、
絶頂と同時に大脱糞、脱糞痙攣アクメまんこを見られるマゾヒスティックな快楽にどっぷりと浸る。

背後から抱え上げられながらのアナルファックを望む桜はおねだり、だが潔眼道は「普通のおねだりは聞き飽きた」と一蹴。

桜「桜のぉぉっ! 糞豚けつまんこにぃっ! 潔眼道様のがちがち勃起極太おちんぽくださいぃっ!(省略)」

ギリギリ及第点の叫びを受けて、激しく腰を動かし出す潔眼道、たっぷりのザーメンを腸内に注がれ醜態を晒す巫女。

桜「脱糞ーーーっ! 脱糞っ! 脱糞! だっぷぅぅぅんっ! あああんっ! 脱糞うんち最高ぉーっ!」

山賊ですら引くレベルの淫語を連発する里守の巫女

片足を上げて股間を大きく見せ付けた姿勢で立つ桜の肛門に、背後から手下が肉棒を突き挿す、
何度味わっても良いと評する手下に「毎日お尻の穴にキュウリ入れて締め付ける訓練してるの」と情熱を見せる。

そしてお次はストーリーモードでも言葉責めを連発した五助が登場、山賊が認めるまでに淫語を駆使する桜と激突。

桜「毎晩五助様のちんぽを夢見て、バカになるまで糞穴ほじほじエロばかけつまんこオナニーしてましたっ!
(中略)ザーメンドプドプ爆飲み直腸アクメ豚のアヘ顔ガンギマリ糞穴変態けつまんこ絶頂でいぐぅぅっ!」

山賊も流石にバカで変態という巫女の本性に引き気味なのを意に介さず、桜は脱糞し、うんちマーキングを行う。

口汚臭男にすら歓喜のディープキス

次は超絶口汚臭男も再登場、肛門を犯されながら、口を汚臭に犯されるのを待ちに待っていた桜はべろチューで歓喜、
目をハートにさせながら、肛門がんがん抉り&濃厚キスを満喫、ひとしきりのキスと肛門射精が終わるとめろめろな元巫女。

ぷっくりと伸びてヒクヒクと蠢く肛門に再び肉棒がインサート、更に極太の逸物が口を喉をと犯し、イラマチオファックで絶頂、
口と腸にたっぷりと精液を注ぎ込まれ、口とお尻で孕んじゃう状態、そして〆は前回と同じ鼻犯し、今回はぶひぶひと下品に
鳴きながら見事な一本糞をひり出す。

覚醒した雪ちゃんによる糞提供(食糞)

ストーリーモードで口にこんもりとうんちをしてくれた幼馴染の家の前で地面で仰向けになった桜は口を犯される、
肛門も犯されている桜の眼前に、目をキラキラさせながら幼馴染の雪ちゃんが登場する。

桜の眼もこの後の展開を期待して輝く、少しだけサディスティックになりつつある雪が嬉々として桜に跨り脱糞開始。

口に降りるのを待ちきれずしゃぶりたがる桜を雪が静止して排泄するレズ・スカトロプレイ、
脱糞しながら絶頂する雪と、それを口に受けて絶頂する桜という超倒錯が展開される。

桜「うんちきたぁぁぁーーーっ! おっ、おいひいっ! 雪ちゃんのうんひ、おいひぃーっ!
い、いぐっ! いぐぅっ! 桜もいぐぅーっ! いぐうぅぅーーっ! うんち食べていぐぅっ!」

通常モードはここで山賊のチンカス掃除フェラでしたが、今回は特別ゲストとして村人が登場、
彼の大量超濃厚チンカスを口にし「こんな激旨ちんぽ初めて」と一気に貪り出す桜。
「す、すごいっ! このちんぽ! 虜になっちゃう! 全部っ! 全部食べるっ! チンカス全部桜が食べちゃうのぉっ!」

チンポ狂いの淫乱チンポ便器

村人は続投してさらに数を増す、口を肛門をと村人肉棒によって犯されていくことに喜悦の声を上げる桜、
潔眼道はそんな元巫女を「ただのチンポ狂いなくせに村の為だと(中略)本当のことを言うが良い、でなければ今日の宴はここまでとする」と突き付ける。

桜「ほ、本当の事言います…さ、桜は本当は正真正銘チンポ狂いの淫乱チンポ便器なんです…む、村の…村の事なんかどうでもいい…
ちんぽ…ちんぽさえ頂ければそれでいいんです…う、うそじゃないですっ! もう村なんて知らないっ! チンポがいいのっ!
チンポほしいっ! チンポ入れてっ! ちんぽっ! ちんぽっ! ちんぽぉおぉぉっ!」

こんな言葉を引きずり出されると桜自身、激高した村人たちに背徳感増し増しで犯される快楽に酔い、
放尿を身体中に受け、更にそれを飲んで絶頂するというガチ変態ぶりを魅せる。

うんこちんぽまんこゲーム

今度は潔眼道に背後から持ち上げられながらの種付けセックスで「バカみたく痴態を晒すところが見たい」と命じられた桜は、
ド変態に実況、犯されている状況を絶叫しながら妊娠確定射精でゲボりながら脱糞絶頂し、村人たちが参戦しての口前後乱交へ。

お次はちょっと緩い「うんこちんぽまんこゲーム」がスタート、大方の予想通り、
肛奥を突かれたら「うんこ」、膣奥を突かれたら「まんこ」、両方同時だったら「ちんぽ」と叫ぶという趣向。

前後を突かれて順調に連呼しだす桜、激しさを増せば増す程、その卑猥で間抜けな叫びは増え大きくなっていく。
前を犯されているというのに「うんこ」と連呼する桜は、一時「おま…」と言いかけるも「うんこ」と絶叫しながら大量にひり出す、
そして尚も「うんこ」連呼、というのも射精<脱糞という快楽指数が脳内を支配しているための模様。

里巫女の糞まみれ絶頂(塗糞)

ゲームに途中で失敗した桜へと、お仕置きとして一穴二本挿しの合計六本挿入責め、
先ずは肛門に二本を軽く受け入れ快楽に喘ぐ、他所にも一本ずつ挿入されていくが、次なる肉棒を心待ちにする状態、
六本同時挿入+身体中に塗られていく大便に絶頂へと上り詰めていくスカトロ巫女。

〆は前回同様、中出し祭りだわっしょい。

潔眼道を先頭に今回は回数制限なしで全弾撃ち尽せ指令、潔眼道のたっぷり射精で嬉ションならぬ嬉脱糞する桜、
その膣内に次々と射精していく男たち、ラストに潔眼道が再びどっぷり射精して祭りは閉幕。

通常モードではせっかく注いだ精液を漏らしたことで潔眼道に股間踏み踏みでお仕置きされた桜だったが、
今回は「村人たちに礼を言わぬか!」と怒りの一撃、ハイになっている桜は「ありがとうございまひゅうぅっ!」と叫び、
恒例の身体に落書きタイムと汲み取り桶からの大便のシャワーで幕となるのだった。

まとめ(アナザーモード)

という訳で里守の巫女 第一章 三女「桜」編、アナザーモードのレビューは完全堕落ド変態スカトロ祭りをお届けしました、
ストーリーモードでも十二分に破壊力がありましたが…今回はそれとは別の方面で凄まじいエロティックさを醸し出しています。

嬉々として変態行為…というのを、げむお節とでもいうべき怒涛のちょっぴりおバカ(褒め言葉)な卑語淫語の大嵐で彩ったプレイは圧巻、
ストーリーモードとアナザーモードでまるっきり違う物語が楽しめるというボリュームも相まって、実用性には事欠かない一作でした。

里守の巫女 第一章 三女「桜」編 関連項目

げむお堂 レビュー

DLsite.comの関連作品ページ

げむお堂 作品一覧はこちら

FANZAの関連作品ページ

里守の巫女 第一章 三女「桜」編 里守の巫女 第二章 長女「時雨」編 里守の巫女 第三章 次女 「和」 前編

げむお堂 作品一覧はこちら

DiGiket.comの関連作品ページ

[げむお堂] の【里守の巫女 第一章 三女「桜」編】 [げむお堂] の【里守の巫女 第二章 長女「時雨」編】 [げむお堂] の【里守の巫女 第三章 次女「和」 前編】

げむお堂 作品一覧はこちら

里守の巫女 第三章 次女「和」 前編は販売サイトごとに修正が異なります、
スカトロ目的なら脱糞にモザイクが掛からないDiGiket.comが最もお勧めできます。

続きを読む

前へ次へ