【厳格なりし熟牝教頭の性育教室(ぴちぴち画廊R)】レビュー3回目 21/9/8

厳格なりし熟牝教頭の性育教室ぴちぴち画廊R

DL版:21/8/12【1,540円(税込)】|PK版:リリース予定【価格未定】

今回はぴちぴち画廊Rさんの『厳格なりし熟牝教頭の性育教室』より3回目のレビューをお届け。

これまでのアナルシーンは体育教師・猿山による肛姦でしたが
今回のシーンでは生徒達によって真弓が浣腸され、ゼリー便を疑似脱糞し
最終的には生徒達に肛門を開発される悦びに戦慄く様が描かれています。

※今回は試験的に記事本文のレイアウトを調整してあります。

イントロダクション

選ばれた優秀な学生と教員のみが入ることができる姫島学園。

そんな姫島学園に赴任し、一年の任期を終え、
教頭という立場で以前の学校に戻ってきた黒瀬真弓。

教育現場を変えるため、そして自分の叶えたい願いのため、
姫島学園の思惑通りに真弓は肉体教材として
オスを目覚めさせる性育指導を行っていく。

だが、順調に進んでいたかの様に見えた真弓の授業計画だったが、
真弓の仕様変更により、徐々にその歯車は狂っていく。

給食の時間

学生達と囲む一見して普通の給食の風景、それは姫島学園仕込みの教材である真弓にとって空虚な時間でしかない、
そこへダンボール箱を抱えた猿山が入ってくると、箱の中から手早く生徒達に小さな袋を配っていく。

猿山「あぁ! しまった! そうでしたね! 教頭先生はもう一つの口からの方でお腹いっぱい食べるんでしたなぁ?」

空虚な食事時間にメス性を燻らせて食事が喉を通らずにいる真弓を炙るような猿山の言葉、
真弓は教材としての出番を察してスカートやショーツを脱ぎ捨てて教卓の上に尻を突き出して屈みこむ。

惜しげもなく曝け出された女陰とアナルが年若いオスたちの視線に晒される。

猿山「ほら、これが教頭先生のアナルだぞ? へへ、教頭先生はこっちからご飯を食べるんだ。よーく見て覚えろよぉ?」
真弓「んな!! あなた! 勝手にそんなことをこの子達に教えないで!! まだそっちは…そんなこと、教えてないのに!!」
学生「先生、そこってうんちするところでしょ? そっちで食べるの?」

至極当然の問いを屈託なく向ける少年に対し、猿山はマン汁を垂らしている真弓の身体を解説していく、
ブラウスに治まりきらない真弓の爆乳からは興奮を示すかのように母乳までもが滴っていた。

発情したメスの腹を満たすため生徒達は猿山に配られた袋の中からイチジク浣腸を取り出す、
真弓は予定外のアナル授業へと抵抗を見せるが、目の前のアナルに興味津々の生徒達にそんな事は関係ない。

勝手が分からず尻込みしていた生徒達の先陣を切って学級委員が浣腸を真弓の尻へと差し込み、
薬液が真弓の腸内へと流れ込む、やり方を理解すれば生徒達は次々と浣腸に参加しだし…。

真弓「はぁ、はぁ、もう…いいから…お腹いっぱいで…んん! ホントにこれ以上は…もういらないから…お願いだからぁ…。」

足下に大量のイチジク浣腸を重ねられながら泣き言を言う真弓、
そんな様子を意に介さず、猿山は余ったイチジク浣腸も全て注入してしまうよう生徒達を煽る。

生徒たちからは「お腹いっぱいになった?」「ほんとにアナルで食べてるんだね」「そんなに美味しかったの?」
矢継ぎ早に質問が飛ぶが真弓は余裕なさげに苦痛の籠もった荒い息をつくばかりだった。

真弓(うそ! お腹の中が…ちょっと動いただけで…気持ちいいのが溢れて…このままじゃ動けない…。
ちょっとでも動いたらアナル緩んで…噴いちゃう! この子達の前でお尻から漏らしちゃう!)

快感に慣れているはずの真弓ですら戦慄く鮮烈な官能、身じろぐだけで腸内が性器のように快楽を生み出してくる、
姫島学園製のものと思しきこの特製浣腸液の責め苦に「早くトイレに行かせてぇぇ!」と必死に懇願するものの、
目の前で繰り広げられるメスの痴態を楽しむ誰ひとりとして彼女を救う者は居ない。

ギュルギュルと薬液に悲鳴を上げる真弓の腹の音を「まだお腹空いてるのかな?」と揶揄しながら、
教員用と記されたシリンダー浣腸器を構えた猿山、生徒達も浣腸責めを期待し猿山に同調する。

真弓「だめぇ! お腹壊れるぅ!! 壊れちゃう!! もう入れないでぇ! お腹の中で暴れさせちゃダメぇ! 噴く! 噴いちゃうぅ!」

度重なる注入に悶える真弓からシリンダー浣腸器が引き抜かれると、
官能と疲労でぐずぐずのアナルはキュッと窄まりながらも大きくヒクついていた。

真弓「んあぁぁぁぁ!! ま、またぁ! また入ってきてるぅ! こんなの絶対無理!
お腹が壊れる! もう入らないのぉ! やめて! お願いだから! 食べさせないでぇ!」

加虐の悦びに浸る教室中のオスたちは苦悶の吐息でもう入らないと訴える声には取り合わず、
浣腸液を注入され続けた真弓は官能と苦しみに体力と精神力を削り取られていく。

真弓「も、限界ぃ…ごめんなさいぃ…も、ほんとに…頑張ったけどぉ…ママはぁ…。」

限界を超えてぼやけていく真弓の思考、つぶやいた謝罪の言葉は誰に汲まれることなく消えていく、
猿山はそんな真弓の尻穴へとアナルプラグを見せつけたのちに栓をする。

真弓「んおおおおぉぉぉっ! 力はいらないのにぃ…ぶっといの…入ってくるぅ!
は、はやく…それで栓してぇ! 漏らしちゃう前にぃ!
んほぉ! もっとゆっくりぃ…ナカを擦っちゃだめぇ!
あっ! あぁ! アナルが…気持ち良すぎて…ひりだしちゃいそうなのぉ!
んひぃぃっ! ぐりぐりだめぇ!!」

栓を咥えこみ続ける必要はあるものの僅かに余裕の出来た真弓と対照的に
生徒達は退屈そうに猿山へと「ここからどうなるの?」と問いかける。

猿山はすぐに教頭による授業が始まることを生徒達へ告げてアナルプラグに手を掛ける。

真弓は決壊を防ぐ栓を手放すまいと肛門でプラグを咥えこむものの、
無情にもプラグはズルズルとアナルを擦り上げながら引きずり抜かれていく。

快楽に心と身体をぐずぐずにされ、さらには生徒達の期待と好奇の眼差しに晒されながらけたたましい音を立てて
浣腸液を脱肛アナルから噴き出していく、限界はすぐだった、真弓の腸内にたっぷりと注ぎ込まれた浣腸液は
内部で凝固し半透明のゼリーとなって出口を求めて殺到していた。

真弓「いやぁぁ! 見ないで! 見ちゃダメぇ! あん! へあぁ! 止まらないのぉ!
こんな…おトイレしてるところなんて見ないでいいのぉ!(中略)
ひり出すの気持ちいい! なにこれぇ! あん! あぅ! へあぁ! こんなの知ったら…もう普通にできなくなっちゃうぅ!
あん! アナル擦るから、自分で止められないのにぃぃ! もっとひり出したくなっちゃう! ダメなのに…こんなのぉ!
あん! あっ! んんくぅ! へあぁ! クセになっちゃうぅ!!」
学生「先生、うんちするのがそんなに気持ちいいの?」

生徒の一言が疑似脱糞の官能に溺れていた真弓の精神を強引に現実に引き戻す、
半透明の疑似便に拡げられて腹の中をじっくりと観察されていく、限界を超えた快感に真弓のたがが外れる。

真弓「気持ちいいの! わけわからないくらい気持ちよくなっちゃってるのぉ!
アナルをぶりぶり擦ってぶっといのをひり出すのが凄く気持よくてぇ!」
学生「うんちしながらイッちゃうの? …先生は変態さんなの?」

鋭利な言葉によって外れたはずのたがを強制的に締めつけられながら、
それでもひり出される疑似便は止められず、せめてゆっくりとひり出そうとする真弓だったが…。

真弓「んほおおぉぉぉぉっ!! あっ! あぐぅ! おぉ!
うそぉ…イきそう…アナルで…もうイッちゃいそう…
こんなに気持ちいいなんてぇ…どうしたらいいのぉ…あふぅ!(中略)
んほおおおぉぉぉぉ! らめぇ! イく! こんな簡単にぃ!! ひり出しながらイッくうううぅぅぅぅぅ!!」

一度絶頂しても腸内の疑似便は途切れることなくひり出され続け、真弓を脱糞官能で蕩かしていく、
ずるずると肛門をゼリー便に擦られ続けては幾度も絶頂に達してしまうのだった。

真弓「いやぁ! ま、また! またイッちゃう! ぶっといのひり出しながらぁ!
あん! あっ! いやぁ! 止められない! もうさっさと終わってぇぇ! んひいいいいいぃぃぃぃぃっ!!!」

全てのゼリー便をひり出しきった肛門はヴァギナのようにひくひくと戦慄いていた、
姫島学園での研修を終えた真弓にとっても初めての脱糞行為による絶頂、その余韻も残る中で猿山が号令を掛ける。

イチジク浣腸が入っていた袋の中にはバイブが入っており、
生徒たちにそれを物欲しげに口を開けたままの真弓のアナルに食べさせようというのだった。

真弓「んひいいいいいぃぃぃっ! だめぇ! あん! あっ! んひぃ! そんなに入らない!
やめてぇ! あん! んあぁ! いやぁ! もう感じさせないでぇ! へあぁ! あん! あん! んあぁ!」

一斉にアナルへと突き挿れられるバイブに真弓の口から嬌声が響き渡る、
大口を開けていたアナルが更に大きく拡張され、生徒達のバイブがそれぞれ異なる向きと力で腸内を蹂躙していく。

真弓「へあぁぁ! 動かしちゃダメぇ! んほぉ! ナカごりごりしたら…そんなにしたら壊れる!
お尻壊れちゃうぅ! んあ! へあぁ! 激しすぎるのぉ! そんなオクまでだめぇぇ!
お尻裂けちゃう! それ以上はいらないのぉ! あん! んひぃ!
アナルこんなに無茶苦茶にされてるのに…どうしてぇ…おかしいのに…どうして感じちゃうのぉ!?」

年端もいかぬ生徒たちにアナルを開発されるという事実に真弓の背筋を妙な官能が駆け抜けていく、
生徒たちは自らの動かすバイブで真弓をアナル絶頂に導こうと、いっそう動きを激しくしていく。

真弓「んひぃ! こんなすごいの初めてぇ! ナカがいっぱいのおちんぽで…犯されてるみたいでぇ!
あん! あっ! いい! 気持ちいい! アナル気持ちいいのぉ! あっ! も、だめぇ! イッちゃう!
すごいのキちゃう!! またアナルでイッちゃうからぁ…見ててぇ!! もう、イッちゃあああう!!」

厳格なりし熟牝教頭の性育教室 関連項目

続きを読む

前へ次へ