【姉姉Z催眠 〜スマホ催眠装置で爆乳姉共に催眠調教、鬼畜寝取りで孕ませてやる!〜(POISON)】レビュー(4) 21/6/21

姉姉Z催● 〜スマホ催●装置で爆乳姉共に催●調教、鬼畜寝取りで孕ませてやる!〜

今回は拘束された律子がバイブ責めや放置責めをされ、
さらに弟の剛直でアナルを犯されて精液を逆流するまでが描かれた『律子、拘束いじめ』のレビューをば。

個人的にアナルからザーメンが逆流するというシチュエーションは大好物です。

イントロダクション

「アキ、あなた何度言ったらわかるの?」

(ったく……うるさいなぁ。姉さんは……)

日頃からだらしのない生活態度を指摘され辟易している成宮明彦は心の中で何度もため息をついていた。
もういい加減にしてくれと辟易してきたころ、たまたま通販で購入したとあるアイテムが家に届く。
それを待ってましたと言わんばかりに、律子のお説教を遮り玄関に急ぐ明彦。そのまま、二階に上がると

「なに? まーた姉貴になんか言われてたの? ホント、アキは要領悪いよねー」
「う、うるさいよ。姉ちゃんには関係ないだろ?」
「なんだとー、せっかく人が心配して声掛けてやってるのにー!」

この豪快な人物はもう一人の姉・成宮真琴。
この大雑把な性格の姉は昔からズケズケと言ってきては自分の心の傷を容赦なく抉っていくのだ。
そんな真琴を無視して自分の部屋に引きこもる明彦。

「まったく、ふたりとも放っておいて欲しいよ。
ふふふ、これがあればそれも簡単なんだけど」

彼が手に入れたのはとある催眠装置。

先に手に入れた知り合いが険悪な間柄の妹を自在に操って小遣い稼ぎをしているのを知った彼は
これを、自分の姉たちに使うことを決めたのだった。
果たして彼は催眠装置を使い、ウザいふたりの姉を自由自在に操ることが出来るのだろうか――

公式サイトより引用

律子、拘束いじめ

ボールギャグを噛まされた律子がうめく、
彼女はこれから酔って絡まれた明彦の気が済むまで気持ちよくイジめられる事になる。

両穴に挿入されたバイブに掻き回される官能に涙・鼻水・涎・汗・愛液を流しながら悶絶する律子、
酔って絡んでくるということは「なんか嫌なことでもあったんでしょ?」と指摘した明彦は
思いっきりいじめることで姉のストレス解消に協力する…という口実で姉を翻弄していく。

早くも両穴責めで絶頂に達する律子、それでも弟に好き勝手させまいとキッと睨んで牽制してみるのだが
明彦はどこ吹く風で更なる責め手を探して部屋を見回し…。

明彦「はい、ばっちーん!」

金属クリップを使って律子の乳首を挟み抓みあげる、
痛みが駆け抜けるかと思いきや、律子の秘所はその刺激で更に濡れて官能を示す。

明彦「……姉さんは本当、僕に対しては強気だよね
でも、僕でストレス解消されるのって迷惑なんだ。
そんなことするから、こんなことされるんだよ?」

心情を吐露しながら自分のオモチャになるしかないんだと姉に対して因果を含める、
クリップで挟んだ乳首を引っ張って乳房を変形させて愉しむと、もう一カ所へもクリップを向ける。

その一抓みは無防備に露出したクリトリスへと向けられた、
衝撃に律子の身体がエビのように幾度も跳ね、両穴に突き挿さったバイブがぶるんぶるんと揺れる。

痛みより快楽が勝るのか、腰を突き出したまま痙攣して失禁姿まで晒してしまった律子は、
快楽の多重負荷に耐えかねたのかそのまま失神してしまうのだった。

明彦は律子が目を醒ますまで時間を潰そうと風呂に入り…
たまたま帰ってきた下姉の真琴へカレーをよそい…
律子を放置したままだということを忘れたまま就寝してしまう。

その夜。

律子の部屋から光が漏れているのを発見した明彦は自分のミスに気づく、
さすがに心配になり部屋を覗き込むと…。

メスの臭いがむんむんと充満した室内でありとあらゆる体液をまき散らし、
身体とシーツをぐしょぐしょに濡らした律子、その匂いと光景は理性を吹き飛ばすに十分だった。

ボールギャグを外すとぐったりとした律子をまんぐり帰しにさせてアナルへと肉棒を沈めていく。

バイブによってすっかりほぐれたケツマンコがねっとりと明彦に絡みつく、
次第に律子の意識も覚醒していき、捲れ上がったアナルの状況に戸惑って弟を拒絶しようとする。

今回は「弟の性欲処理は姉の役割」という催眠を掛けていないため混乱している律子、
それでも抵抗できないよう催眠で制限を掛けられた律子は抵抗らしい抵抗も出来ず、
肛虐の官能に身を震わせるしかない。

律子「んあっ、あ、あああああぁっ!! あっ、あひっ、ひっ、ひぐううぅ!
来る、きちゃうっ、おしりっ、おちんちんこすっ、擦れてえぇ……あ、あああぁっ!
なんでっ? なんでこんな……弟に、お尻の穴好きにされてえぇ……抵抗できないのおぉ……!?」

明彦「いいんだよ姉さん、気持ちよくて抗えないなら、そのまま僕のチンコでイッちゃっても……さっ!」

律子「やあっ、これやっ、やだっ、やだああぁ!
おなかっ、お尻っ、壊れるっ、おかしくなるううぅ! あひっ、ひっ、ひぐっ、明彦っ、明彦っ……!!」

口で拒む以上の抵抗が出来ず、弟の好きなように犯されるばかりの律子だったが
「抜いてっ、おちんちん抜いてっ、ね、ねえっ!?」という問いかけに明彦が応じた。

明彦「……僕が姉さんのケツ穴に射精して、満足したらねっ、フフフフッ!」

射精するために動けば律子の肛門が捲れる感覚もより強いものになっていく、
一番奥へと肉棒を突き挿して、明彦は精液を解き放つ。

律子「だめっ、だめええぇ! 弟せーえきだめぇ、タプタプにっ、しないでえぇ!!
あっ、あひっ、出てるっ、中にっ、奥にいいぃ……くぅん! あっ、ああっ、あくっ、くふうぅ!
だめっ、もぉだめっ、いく、イクううぅ! お尻の穴イク、弟のぉ、せーえきでえぇ……イくうううぅ!!」

律子自ら尻を押し付けるようにして明彦の肉棒を扱くようにして深い絶頂を決め、
更には腸奥から逆流した精液を肛門から噴き溢しながら再度の絶頂へと至っていく。

律子「んあああぁっ……はあっ、あっ、出ちゃうぅ……お尻からせーえきぃ、止まらないのおぉ……!」

明彦「せっかくいっぱい注いであげたのに、こんなに……まあ、姉さんの体液も結構混ざってるみたいだけど」

律子「あっ、んあっ、あああぁ……イく、イッちゃうぅ!
お尻の穴からぁ、せーえき出してええぇ……くふぅ、またイッ、イッちゃううぅ~~~~っっ!!
いくっ、イクうぅ……明彦っ、明彦おぉ……! んあっ、あああぁ~~~~~~~~っっ!!」

姉姉Z催眠 〜スマホ催眠装置で爆乳姉共に催眠調教、鬼畜寝取りで孕ませてやる!〜 関連項目

続きを読む

前へ次へ