[20/7/3 22:20]レビューを更新し魔法使いリゼットのアナルシーン『森人』を正式レビューに差し替えました。
[20/6/30 22:40]レビューを更新し姫戦士レナのアナルシーン『水浴びのススメ』を正式レビューに差し替えました。
[20/6/26 22:35]レビューを更新し姫戦士レナのアナルシーン『白蛇の巣』を正式レビューに差し替えました。

本日発売になった『わるきゅ~れ』の最新作『魔女の無限回廊』のレビューをお届け。

DLsite

FANZA_DMM
Official_big
タイトル:魔女の無限回廊
メーカー:わるきゅ~れ
価格:2,400円+税(DL版)│3,200円+税(パッケージ版)
発売日:20/6/26

コンプリートしたのでアナルメインのシーンのみレビューになります。

時間の都合で作成完了した物からこの記事に追記更新していきます。
なお、スカトロはありませんでしたが、見た目はほぼ脱糞の疑似スカトロはありました。

では印象的なCGと共に、愉快な姫戦士と魔法使いの痴態レビューは【続きを読む】にて。


DLsiteタブ
FANZA_DMM_tab

全体的に台詞回しがコメディタッチ、にもかかわらずHシーンはプレイがハードというのが特徴。

アナルシーンはレナ単独が2シーン、リゼット単独が3シーン、二人同時が1シーン。
二穴同時プレイは省いていますが、そちらもカウントするとアナルシーン数はさらに増えます。


■白蛇の巣-白蛇精液腸内射精オナニー-
 「あた、私! 戦士なのに! 王族なのに! 垂れ流して気持ち良くなってるぅううううう♥♥」

s-majo_kairou_01
幸運の白蛇を追って森を疾走していたレナは足を取られ、蛇の巣穴へと転落してしまう。

待っていたかのように大量の白蛇が引き締まった姫戦士の女体にヌメり絡み、
チロチロと動く蛇舌が身体中を舐め上げる…そんな蛇からの愛撫はレナの秘裂から愛液が滴らせる。

レナの尻たぶを意図をもって割り広げた白蛇たちは、愛液を垂らしたのを頃合いと見たのか
一斉にその頭をレナの肛門へと捩じ込んでいく、出すための穴に異物が潜り込みのたうつ恐怖感、
幼いころから幸運を運ぶものと教わってきた存在に犯されるパニックに姫戦士は……。

s-majo_kairou_01_1

レナ「やめ! やめてぇ! お尻に入って来ないでぇ! お尻は出す所! 出す穴だきゃらぁ!
あ゛あ゛あ゛あ゛っ! 何匹!? 何匹入ってるの!? こんなに幸運いらないから! 幸運じゃないからぁ!
(中略)
こ、幸運をお尻に運ばないでぇ! 穴! お尻の穴が広がる! そんな幸運いらない!
お尻から白蛇ヒリ出す幸運ってなんなのよぉ! あーっ! あ゛ーっ!? あ、私のお尻壊れるぅ!
入る!? まだ入ってくるのぉおおお!? お尻の穴が広がって、幸運ダダ漏れるぅ!?」


……幸運ダダ漏れのアナルになりかけながら抗っていた。
侵入した白蛇たちは腸壁を擦りながら奥へと潜り込み、追加の白蛇たちもじゅるんと腸内へ滑り込み続ける、
レナはアナルを閉じることも、腸内の白蛇たちもひり出すこともできずにいた。

出しているのか、入れているのかも分からなくなるほどの異様な肛虐にレナの思考はさらに混乱していく、
引き締まった腹部は腸奥まで詰まった蛇によって妊婦もかくやのボテ腹になり、蛇のうねりに合わせて波打つ、
一向に数の減らない蛇による無限肛虐に、姫戦士のアナルは腸液と蛇の体液とを潮吹きのように飛び散らせる。

そんな中でレナの身に変化が起こる、この極限下で彼女はアナル快感に覚醒してしまい
蛇に蹂躙されている肛門からゾクゾクとした快感が駆け抜けていく。
疑似排出の背徳的な官能が膣口から大量の愛液を噴き出させ、それが蛇のアナル遡上をより滑らかにしていく、
大きく拡がり閉じられずにいる肛門の向こうで大量の白蛇が蠢く異様な光景。

s-majo_kairou_01_2

大き過ぎる快感に狂う一歩手前、レナは口元で動いていた蛇の尻尾に齧り付いて反撃に出る、
それは思わぬ結果をもたらし、白蛇はひと噛みの衝撃によって彼女の腸内へと熱く濁った精液を吐き出したのだった。

レナ(んほぉ♥ これ! これはぁ! 射精の感触!? 噛みついたら蛇が射精した!?
これって……もっと射精させればヒリ出せる!? 蛇が射精し尽くしたら終わる!?)


射精し尽くさせて責め苦を終わらせたいのか、腸内射精の快楽をもっと貪るための射精促進なのかは
当人にすら分かっていなかったが、極限状態にあるうえに元から猪突猛進なレナにそれを熟考する暇はなかった。

何度も、何度も、歯を食い込ませて白蛇の射精を腸内で受け続けていくレナ、
それが『自分の好きなタイミングで腸内射精の快感を堪能できるオナニー』と同義とは気づかず、
腸壁を擦りながら、時に腸奥、時に手前に…とぶちまけられる蛇たちの精液に酔いしれる。

s-majo_kairou_01_3

ようやく蛇たちの射精を終わらせた頃、レナのボテ腹は精液まで加わりより大きく膨らんでいた、
姫戦士と白蛇たちは体力を消耗してぐったりとしているが、排泄穴に大量の異物が詰め込まれたレナは
余韻を楽しむこともなく、どうにか大量の蛇と精液をひり出そうと息んでいる。

レナ「あ、あぁ……まだ、お尻に蛇が入ってる……おとなしいうちにヒリ出さないと……っ!
うっ! んっ! あっ! あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛! ふんぎっ! んぎぃ! あ、私の肛門から出ていけぇ!
(中略)
お゛!? お、お腹がぐるぐるしてきて……うっ……なんだか気持ち悪く……う、うぅ……
でも、この感覚は……出るの? 出ちゃうの!? これって、こんなのって……漏らしちゃうって事!?
あ……あぁ! も、漏れ!? 漏れちゃう!? 漏らしちゃうの私!?」


遂に必死に気張り続けたレナの下腹部からグルグルとした排泄感が押し寄せてくる、
排出し切りたいが、漏らしたくはない、そんな当たり前の思考で躊躇する間にも便意は駆け上がり……。

s-majo_kairou_01_4

限界を迎えたレナの肛門から蓋をしていた白蛇と、内容物となっていた大量の白濁液が爆発するように噴き出す、
精液は逆流して口や鼻からも嘔吐射精していたが、苦しいだけのはずのそんな行為も今は彼女の激しい絶頂の一部、
漏らし、垂れ流しながらのアクメに王族として恥を感じて喚き散らすが、今やその背徳感すら官能のスパイスと化していた。

レナ「あた、私! 戦士なのに! 王族なのに! 垂れ流して気持ち良くなってるぅううううう♥♥」



■水浴びのススメ-沼の触手にアナルからS状結腸、胃まで犯される姫戦士-
 「お尻の穴をほじられるなんて、王族としてのプライドが許さないっ!」

泥沼に住む魔物の触手よってレナの両腕は頭上、両脚はヴァギナもアナルも完全に晒した大股開きへと捻り上げられる、
隠すべき場所を惜しげもなく晒したそのポーズは、彼女が捕食対象ではなく『性の対象』として見られた事を物語る。

拘束のための荒々しい触手だけでなく、女体を愛撫するための細くしなやかな疑似指触手まで出してくる、
魔物の触手による優しい愛撫が蕩けるような官能をもたらし、レナの口から切なげな声が漏れる、
性的快感に疎い姫戦士は魔物に対して「もっと私を気持ち良くさ・せ・て♥」と更なる官能をおねだりしてしまう。

s-majo_kairou_02_01

色惚けて快感を求めてしまったレナは即座にそれを後悔するハメになる、
幾つもの細い疑似指触手が集まり、一塊の拳状触手を形成してレナの剥き出しの女性器と肛門を狙いだしたのだ。

レナは咄嗟に『膣口を締める』か『肛門を締める』かの選択を迫られることになる(任意で犯される穴を選べる)、
肛門を締め「お尻の穴をほじられるなんて、王族としてのプライドが許さないっ!」と啖呵をきる姫戦士レナだったが…。

括約筋に力を込め窄められた肛門はいとも容易く触手に突破されてしまう、
入口こそきつく固いものの直腸内は伸縮性に富んでおり、アナルフィストに近い質量の責めながらも
その身はすんなりと受け入れ、空間の及ぼす影響もあってかレナの歓喜に弛んだ口元から涎が滴る。

レナ「あっ、はぁ、んっ、お、王族の私が、お尻の穴なんて、変態的な場所でイクなんて許されな、んくんんっ♥」

ゴツゴツとした触手が丹念に腸内を往復し、腸壁と擦れ合い腸液を巻き込んでにちゅるにちゅると淫靡な粘液音を立てる、
それがもたらすアナル官能を否定するように首を振り、喘ぎを噛み殺して抵抗を見せるレナだったが、
魔物はそれに憤慨してか触手を波打たせると腸内を蹂躙しだす。

s-majo_kairou_02_02

触手の先端がS状結腸(S字結腸)を押し伸ばし、下行結腸、横行結腸までも押し挿ってくる、
腹部を内からせり上げられながら、娼婦も体験した事のないであろう人外の官能に翻弄され、
王女としての矜持も何もなく獣じみた嬌声をあげて身をよじる。

腸奥までをも蹂躙する異物を捩じ切らんばかりに、レナの腸が触手を締め付ける、
溜飲が下がったとでも言わんばかりに、触手は再び愛撫するようにテクニックを駆使しだす。

敏感な腸壁を触手で突き、撫で、擦る…。
小腸にまで達した触手が腹を押し上げ、腸内で蛇が暴れるかのように複雑なうねりを見せ、
尻穴から黄ばんだ腸液を掻き出されながら、旋回運動を加えた触手によって腸内を洗い上げていく。

レナ「沼! 沼の中で! 私の肛内洗われっ!? はっ! 激しっ!
お尻の穴が壊れりゅ! こわ! こわれ! ひぎゅいいいいいィィィィィーーーーッ!!」


触手拳は遂に幽門を突破してレナの胃壁に接触、
肛門から腸すべてを犯される禁断の性行為がもたらす快感は、彼女に絶頂失神が近いことを悟らせる。

レナ「ひはぁ! はっ! ああぁ! き、来たッ! 触手拳の先端、胃袋の中まで、ついにキターーーーーーっ♥」

レナの高まりに比例して腹圧は増していく、腸壁は糸を引くように触手へと絡みつき、
肛門括約筋は常軌を逸した刺激に反応し、体内へと捩じ込まれた異物を喰い千切らんばかりに締め上げ、
レナは壮絶な絶頂に至る。

s-majo_kairou_02_03

本当に喰い千切ってしまったかのように、ぶちいっと音を立てて姫戦士の肛門が触手を切断する、
驚いた魔物が触手を引っ込めた隙を突き、レナは絶頂の余韻に浸る間もないまま岸へ向かって泳ぎ出すのだった。

s-majo_kairou_02_04

岸へ辿り着いたレナだったが、その腸には肛門括約筋で切断して活動停止させた触手が詰まったままだ、
肛門に指を入れて掻き出す…そんな不浄の行為に躊躇いながらも指を捩じ込んでいくが…。

本体と切り離された触手は腸内で硬質化しており、レナに「……う、うんこみたいにヒリ出すしかない……ってか」と結論付けさせる、
羞恥で耳まで真っ赤にして屈辱の涙を溢すが、ここは敵地であり、躊躇する時間はなかった。

覚悟を決めて高くお尻を突き上げると、下腹部に力を込めて触手拳から変質した触手便をヒリ出すべく息む、
太さも硬さもレナの肛門の限界を超えている疑似便によって、皴が伸び切るほど菊の蕾が開いていく。

s-majo_kairou_02_2
「ほんごぉおおおおおおおおおおおおおおおぉッ!? ごつごつ通るのぉ気持ちイイ~~~ッ♥」

レナの腸内から無理矢理に押し出された触手便が、瓶の蓋の外れるような軽快な音を立てて排泄される、
硬くごつごつとした触手便に肛門を擦られる強烈な快感に、思わずレナの身体が仰け反る、
すると肛門を締め付ける力も弱まり、触手便がレナの腸内へと逆流してしまう。

便の逆流による予期せぬ絶頂の鮮烈な快楽に未練を感じながら、
ぼとり、ぼとり…と、肛門官能を堪えての疑似脱糞を続け、最後の一塊をヒリ出したレナが咆哮をあげる。

s-majo_kairou_02
「あ、あと少し……んくっ……ほんごぉおおおおおおおおおおおおおおおぉッ!!
出る出る出る出る出るうううぅぅぅ~~ッ♥ ふごほおおおおおおおおおおおおおおおおぉッ!!」


豚の断末魔のような品のない叫びと共にすべての触手便を脱糞し終えると、
レナはぐったりとへたり込みながら(うんちしながらイったのは内緒にしとこ……)と心に誓うのだった。



■森人-途切れることなく腸内に注がれ続ける精液にイキ狂う魔法使い-
 「わ、私、お尻から……垂れ流してりゅ……これ、気持ちいい……お尻しゃせ~~♥」

s-majo_kairou_03_01
地中から伸びる無数の手に捕らえられ身動きが取れないリゼット、彼女に「おろか」という怒声が繰り返し放たれる、
声の主は彼女の生意気な態度に腹を立ててか正体不明の手を操ると、いとも容易く衣服や下着を引き裂いていく。

「やめて! やめてぇ! 破かれるぐらいなら自分で脱ぐ! 自分で脱ぐから! 破かないでぇええええ!
こんな森の中で、服がなくなったら……っ! いや! いやぁあああ! 私に露出性癖はないからぁ!
分かった! 私の負け! だから破かないで! お願いだから! こんなところで剥かないでぇええ!」


動転したリゼットは言葉が通じるかもわからない相手に必死の懇願をする、
気が強くプライドの高い彼女にとって、戦いに勝ったとしても森の中での強制全裸など敗北に匹敵する屈辱だった。

そもそも勝ち負け以前に完全に拘束されてしまえば待っているのは凌辱、リゼットはどこを犯されるのかを推測する…
『マンコを犯される!?』と『アナルを犯される!?』から選択可能、当ブログ的にアナルを選択。

s-majo_kairou_03_02
謎の手に拘束され、細い触手によって肛門をぱっくりと押し拡げられてしまう恥辱、
言葉でこそ抵抗するリゼットだったが、彼女を拘束しているのは魔法が殆ど通用しない精霊、
意思疎通が可能かすら分からない存在であった。

リゼットは無暗に争えば危険であることを理解し謝罪するのだが…。

s-majo_kairou_03
「いぎぃっ!? おっ!おおお、お尻ぃいいいい!
しゃ、謝罪するって言ってるでしょ! 人の話を聞きなさいよぉ!
んぎっ……どうして、どうしてアナルなのよぉ! そこは出す穴! 入れる穴じゃない!
だからって、マンコに入れてほしいワケじゃないけどアナルセックスの趣味はないのよぉ!」


困惑と疑問と苦痛を一緒くたに抗議するリゼットに「オマエの穴見ていた。狭い。滑りも悪い」と当然の言葉を告げた精霊は
彼女の肛門を穿るための触手に樹液をまとわせると、今度はスムーズにアナルへの抽送を開始する。

「んあ゛っ!? お尻をバコバコしないでぇ! だから! その穴はバコバコする穴じゃないぃいいいい!」
(や、やばっ! これ凄い! トロトロのぬるぬる……これが樹液なの!?
んはぁ♥ アナルも気持ちいいかも……♥ でも、でも! お尻で絶頂なんて……ダメぇ!)


樹液と腸液のミックスされた汁を使っての一方的な肛門蹂躙、肛門は膣穴と遜色ない肉穴へと変貌していく、
頭では否定していても身体は正直に肛虐の悦楽に酔ってしまっている、アナルで感じることを否定するリゼットだったが…。

s-majo_kairou_03_3
「らめっ! らめぇ! イク! お尻でイっちゃう! イっちゃう! イっちゃう! イっちゃうぅううう♥
イ゛っ!? イグぅうううううううううううううぅ♥♥♥」


精霊触手は彼女の肛内へと白濁液を容赦なくぶちまける。
生物的射精ではないためか途切れることなく延々と出され続ける中出し地獄は、リゼットに絶頂の連鎖を引き起こす。

「出てるぅ! お尻の中に注がれてるぅ♥ わらひ! ケツ穴に中出しされて、イっちゃってりゅうう♥♥
こんな、こんな気持ちいいの我慢できるワケないぃ! イカない方がおかしいのっ! お尻でもイクのぉおお♥♥
(中略)うひぃ!? まだ出るのぉ!? 私のお尻にどれだけ注ぐのよぉおおお!
そこはお尻なのよ! マンコじゃないのぉ! 中出ししていい穴じゃないかりゃぁああ!
んおぉおおおおおおっ♥♥ 出し過ぎぃ! ケツ穴をマンコ扱いしないでぇへぇ♥」


s-majo_kairou_03_2
「はぁ……はぁ、はへっ、はひぃ……わ、私、お尻から……垂れ流してりゅ……
これ、気持ちいい……お尻しゃせ~~♥ もう、全部気持ちいいしか、分かんにゃい……
あへっ♥ あひぇ♥ 気持ぢいい! 気持ぢい゛い゛♥ お尻からヒリ出すの! お尻で射精するのぉ♥
イクっ! イクイクイクぅ! イクぅう♥ わた、私! ケツ射精でイク変態になっちゃあ♥」


長時間にわたりアナルを犯され抜いたリゼットは、肛門から品性下劣な音を立てて精霊の白濁汁をヒリ出していた、
或いはぽっかりと口を開いて垂れ流しているのか…正気ならば到底口にしないような言葉と共に魔法使いの痴態はしばらく続くのだった。



以下、正式レビュー作成中......。

■芋虫排泄で絶頂する真正ド変態
s-majo_kairou_04_1 s-majo_kairou_04
蔦が絡みつき身動きの取れないリゼット、そんな彼女をがっちりと拘束しようと蔦が意志をもって締め上げる、
偶然か必然か尻たぶも割り広げられ肛門がまる出しとなってしまう淫靡で滑稽な姿。
そこへボトボトと落下してくる大勢の芋虫、それらが拡げられていた肛門から腸内へと入り込んでくる、
蟲嫌いのリゼットはパニックになってレナや魔物に助けを請い、絶頂による巻き戻りを願うまで追い込まれるが…。
ひり出そうと大きく開いた肛門に追加で降ってきた芋虫たちが潜り込み、腸内で異物がのたうつ感覚に蹂躙される、
その責め苦がようやく終わりを迎えた頃、リゼットは芋虫を排出する快楽の虜という真正のド変態となっていた。

■ケルベロスによるアナル強姦(リゼット精神崩壊END)
s-majo_kairou_05 s-majo_kairou_05_2
丸太のように太いケルベロスの肉棒がリゼットの肛門を犯す。
肉をゴムのように弛緩させる我慢汁の効能によって裂けはしなかったものの、
そんな事を知らないリゼットはその常軌を逸した行為への恐怖から精神が砕かれる。

■魔女による寸止めアナルセックス
s-majo_kairou_06 s-majo_kairou_06_2
魔女ワルプルギスは自らに生やした肉棒によってレナとリゼットのアナルを犯し抜く。
ぽっかりと口を拡げた肛門だが、生殺しにしてイキ戻らせないために肛門絶頂を意図的に与えずにいた。
屈服するまで犯し続けられるという悪夢に疲弊する二人の精神、向かい合っている股へと滑り込む
魔女ペニスによって幾度クリトリスを擦り上げられてもイカせてもらえないという寸止めによって、
アナルを宿敵に激しく突かれてイク事を望んでしまうリゼット。
どうにか抵抗を続けながらも快楽に蝕まれていくレナ、そして魔女は二人にトドメを刺すべく
肉棒を複製して二人の腸内と膣内、そして身体へと大量の精液をブチまけていく…が、二人はイカせて貰えない。

魔女の無限回廊 関連項目
わるきゅ~れ作品 レビュー/レポート
姦獄城~淫虐の支配~
裏生徒会よ、肛門を制圧せよ!

DLsite.comのメーカー作品ページ
[わるきゅ~れ]作品一覧はこちら。
魔王の娘と外道勇者~紅の瞳と白き淫濁~姦獄城~淫虐の支配~裏生徒会よ、肛門を制圧せよ!聖騎士セルシア~悪辣たる姫君~プリンセスナイト☆カチュア~堕ちた竜騎姫~
FANZA(旧:DMM.R18)のメーカー作品ページ
わるきゅ~れ【ダウンロード版】作品一覧はこちら
魔女の無限回廊魔王が遺した刻淫 〜帰城と言う名のイキ地獄〜魔王の娘と外道勇者〜紅の瞳と白き淫濁〜姦獄城〜淫虐の支配〜裏生徒会よ、肛門を制圧せよ!聖騎士セルシア〜悪辣たる姫君〜プリンセスナイト☆カチュア 〜堕ちた竜騎姫〜